盛夏のそらまめ


なぜかいつも、まめ姐さんの対面に
黒王子が鎮座している。

存在をアピッているのか。

姐さんは非常にめんどくさそうな顔。
目の前にチラチラ


このコンセントがちょうど良い手の置き場所みたい。
平安時代の『脇息(きょうそく)』みたいな感じ?
ずっとお手手を載せてました(^^;
手を置く



恒例・朝食後のお水渋滞

オレえらいぉな。王子なのに順番待ってんだぜ。
順番待ちだぉ
そらのサマーカットも伸びてきて、ボサーっとしてます(^^;
でも今の時点でこれぐらい伸びていると、
涼しくなる頃にはフサフサになってくるので
丁度良いのです☆



☆ポチっと!☆
にほんブログ村 猫ブログ ヒマラヤンへ
にほんブログ村
☆拍手コメント楽しく読ませて頂いてます☆
ありがとうございます(^^)


スポンサーサイト